独身警察官が住んでいる寮ってどんなところ?

スポンサーリンク

独身の警察官が住んでいるところ、どんなところか気になりますよね?

大半の独身警察官は、勤めている署の近くの警察寮に住んでいます。建物自体は、署にもよりますがそんなに大きくはありません。普通の賃貸マンションのような建物です。古い、新しいは寮によりますが、比較的古いところが多いようです。この寮ですが、家賃がタダ同然の上に、食堂が付いていて食堂のおばちゃんが作ってくれた定食などを食べられます。実家から通う方、賃貸マンションを借りて一人暮らしをする方もなかにはいますが、職場からも近く、栄養のある食事もちゃんと食べられる環境にいられるのであれば、警察寮を選択しない独身警察官は少ないかと思います。

そんな独身警察寮ですが、不便な点もあります。それは、門限があること。これは、警察寮にいる独身警察官たちにとって、また、おつき合いをしている女性にとってはけっこう面倒くさい問題なのです。門限は深夜0時の寮がほとんどだと思います。なので、お泊りデートや夜遊びはまずできないと思った方がいいです。
門限を破ることは、物理的には不可能ではありません。ただ、警察官の独身寮には、定期的に上司が見回りに来ます。ですので、たまたま門限を過ぎちゃった日に、点検なんかがあった場合はアウトですね。また、災害などの緊急時にも召集がかかったりしますので、そういった時に寮にいないとなると、大問題です。デートの際は、門限を破らず0時には必ず帰るということが前提になります。もっと一緒にいてほしいから門限を破らせる、というようなことはご法度ですね。

それから、これはおつき合いをする女性にはあまり関係のないお話かもしれませんが、独身寮の部屋は2人部屋が多いです。同僚の異動などで1人になることもありますが、基本的には先輩・後輩の2人ペアで1つの部屋を使うことになります。同じ部屋の相方の勤務体系が異なり、起床する時間が違う場合、相方の目覚まし時計で起こされて寝不足…なんてこともあるようです。また、相方が先輩の場合、当然気を遣うこともありますので、そういった日頃のストレスも理解してあげることが大切になるかと思います。

⇒次記事「独身警察官の一人暮らしの実態とは?同棲はできる?」を読む

スポンサーリンク