式の時の服装はどんなもの?

スポンサーリンク

警察官はやはり礼服着用?

結婚式の準備において、主役の新郎新婦が最もこだわりを持ち、あれこれ悩む点の一つとして、衣装があります。女性であれば、あんなドレスを着たい、こんなデザインがいい、など憧れの気持ちを持ちつつこだわりも多くあることでしょう。また、教会式であれば、新郎もタキシードでビシッと決めたいところですよね。

警察官の場合、どのような衣装での結婚式が一般的なのでしょうか?教会式の場合は新婦は純白のドレス、新郎はタキシードという点は通常と変わりありません。ですが、大抵の場合、お色直しの際に新郎は「礼服」を着用します。警察官は、刑事など特殊な職種、役職を除いて、通常制服を着ています。街で見かけるおまわりさんは、皆ブルーのシャツの制服を着ていますよね。それに対し、警察学校の卒業式など特別な式典の際に着用する礼服があります。テレビなどでも見たことがあるかもしれませんが、黒地のジャケットに金の飾りが付いたものです。帽子も通常の制服とは違い、黒色の礼服仕様のものがあります。それを着用します。警察官だからこそ着れる衣装ですので、やはり礼服での入場は盛り上がります。この礼服は、警察官が私物として持っているわけではなくレンタルが一般的ですので、結婚式に礼服を着用する場合は、早めに警察署で貸出の申請をします。

では、新婦はどのようなカラードレスを着るのがベストか?個人的には、新郎が礼服だからといって特に悩む必要はなく、ご自身の気に入ったドレスを着用すれば良いと思います。私の場合は、お色直しの際は警察官の色を出したかったため、ブルー系のカラードレスを選びました。ですが、たまたま礼服と合う可愛い色味のブルー系ドレスがあったのでそれを着ましたが、無理に好みでないドレスを着て後悔するよりも、ご自身が本当に気に入ったものを選べば良いと思います。
ちなみに、私の友人も数年前に警察官と結婚式を挙げました。その友人は披露宴の際に、オーダーメイドで注文した女性警官のミニチュアハットにリボンやレースでデコレーションをしたヘッドアクセサリーを着けていました。すごく可愛く洒落も効き、礼服との相性もピッタリで大変盛り上がっていました。そのように、ちょっとしたアイディアで場を沸かせるというのも面白いかなと思います。 とはいえ、結婚式は新郎新婦が主役。パートナーとよく相談して、納得のいく衣装選びをすることが一番重要だと思います。

⇒次記事「誰を呼ぶ?主賓は誰になる?」を読む

スポンサーリンク