警察官は浮気をしない?

スポンサーリンク

警察官の浮気は大変なことに!?

パートナーの浮気…結婚をすると誰でも心配することはあるでしょう。
浮気をする人、しない人は、もうその人による、としか言いようがありません。
しない人はしないし、する人はする。それはどんな職業であろうと、どんな仕事をしていようと言えることだと思います。

ですが、統計的に見て警察官は比較的浮気をする人が少ないと言われています。
なぜか?それは、もし不貞がばれた時、その不貞によって受ける社会的制裁が特別厳しいからです。このサイトで何度もお伝えしているように、警察という業界では、様々な点において職員は厳しく管理されます。仕事だけ真面目にやっていれば良い、というわけではありません。「警察官の一人暮らしの実態とは?」のカテゴリでもお話ししたように、警察官は私生活においても規律を守るように厳しく指導をされます警察官の一人暮らしの実態についての記事はコチラ)社会の模範となるべき立場の職業の人が、いくらプライベートとはいえ、浮気つまり不倫という倫理的に反することをする、というのは許されないことなのです。
既婚者の浮気は、当然どんな場合においても許されるものではありません。そのことが職場にバレた時、仕事に支障が出るというケースは他の職業でも同じことが言えると思います。
ただ、程度が違います。警察官の不倫が職場にバレた場合、その人の仕事に対する意欲や仕事の出来不出来にかかわらず、昇進の道はほぼゼロになります。下手をすると懲戒解雇となる場合もあります。人事で管理されている職員名簿にチェックが付きます(不貞において人事からペナルティを受けることを「赤がつく」と言うそうです)。
つまり、警察官という立場の人が浮気や不倫をするということは、職を失う覚悟が要るということになるんですね。浮気をする人はするし、しない人はしない、ということを初めに言いましたが、警察官という立場や警察の仕事におけるリスクを鑑みた場合、それでも不貞行為に走るという事をする人はおそらくかなり少ないかと思います。そういう意味で、統計的に見て警察官で浮気をする人は少ない、とお伝えしたわけです。同様に、借金もそうですね。私生活でお金の使い方がだらしないと判断されることは、仕事上でもマイナスの評価につながります。女性関係や借金関係は、私生活の規律という範囲を超えて思わぬトラブルにもつながりかねないという点も、厳しくチェックをされる理由の1つなのでしょう。

とはいえ、浮気問題は結局は夫婦間の信頼や愛情がすべてですので、絶対ということはここでは言えません。この記事に関しては、警察官が浮気をしてそれがバレたらそんなに大変なことになるんだ、くらいに思っていただければと思います(笑)。
ちなみに、女の人がいるようなお店、いわゆるスナックやキャバクラに行くかどうかという事に関しては、署やチームによってだいぶ変わるようです。上司からのお誘いで「よし!今日はキャバクラのお姉ちゃんと飲むぞ!」と盛り上がるところもあれば、飲みには行くけれど完全に男だけ、という場合もあるようです。私の元夫は、最初にいた署ではしょっちゅう近所のスナックに連れていかれていたようですが、異動した先の署ではそういった女っ気のあるお店には全く行くことはなかったそうです。一人の時はわかりませんけどね(^^;)

⇒次記事「警察官と結婚すると旅行に行けない?」を読む



スポンサーリンク